「スター・ウォーズ-フォースの覚醒」話題のMX4Dで見てきました!!

映画が昔から好きなんです。今でも覚えている初めて見た映画は「ジャッジ・ドレッド」です。スタローンが主演の映画で、あの荒野の感じとか悪の感じとかの表現が幼心の私にはズドンと来たのをよく覚えています。

今日は休みだったので前から気になっていた映画「スター・ウォーズ-フォースの覚醒」を久しぶりの映画館で見てきました!最近のグーグル検索は自動的に近所の映画館の時間を教えてくれちゃうので、適当な時間を目標に出かけていくと、なんと!見ようと思っていた通常の字幕映画の時間が合わない・・・。14時50分からの上映を狙っていたのですが、「MX4D」なる謎の上映プログラム。う~む。家を出遅れて(←自業自得)味わう暇もなくラーメンを食べて急いできたのになぁ・・・。でも結局、コーラを片手にシートに座る私がいるのでした(爆)ちなみにトップの写真は今回お買い上げした3Dメガネです。(100円で、次回も使える)

スポンサーリンク

映画の内容について

もうすでに上映されてからだいぶ時間がたっている「スター・ウォーズ-フォースの覚醒」ですが、評判が低い噂がちらほら。そんなには期待していませんでした。でもさすがは「スターウォーズ」です。その世界観やスケールのデカさはよく映像として表現されていたと思います。ストーリーとしてはまた続くのかな?コアなファンには物足りない内容だったのかもしれませんが、私のようなプチスターウォーズファンには面白かったです。ヒロインはかわいいかったですねぇ~。デイジー・リドリーという女優さんですね。スクラップを拾ったりして食つなぐ気丈なその姿が観る人の心をつかんで離しませんでした。アクションも良かったと思います。が、全体的なところで一言付け加えるなら圧倒的な悪の感じが物足りなかったように思いました。確かに圧倒的な悪のシーンはありましたが、なんとなく何かが足りないような・・・。詳しくは劇場で!!見て確かめてきてください!(雑)レビューなんてしたことないので、今回はこの辺で映画の内容はおしまいにしておきます。

1452223629767

「MX4D」体験してきました!

3Dでも映画として十分進化したと思いましたが、映画館は更なる進化をしていました。いや、正確には「進化しようとしている」様です。

映画館と言えば大きなスクリーンに圧倒的な映像美を映し出し、サラウンド再生による立体的な音響、贅沢な低音で目も耳もストーリーに引き込むところです。ポップコーンやコーラも大事なアクセントの一つですね!?変わらないそのスタイルは今も昔も不思議な高揚感を味合わせてくれます。

で、今回のシートがこれ!
mx4d_main

昔ながらのシートはバッタんと座面が起き上がるタイプですが、「4D」のシートは違います!4席一組でシートが稼働!しかもエアーや水が噴き出すことによってスクリーンの中にいるような気分が味わえるっていう画期的なシステムなんです。スクリーンの前からは煙が出てきたり、壁に取り付けられているフラッシュ?やライトが映像に合わせて光るから臨場感が違います!いうなればディズニーランドのスターツアーズみたい!

でも映画ファンとしてはっきり言います。

3Dは正直なところ微妙だったし、シートが稼働してエアーとか水が出ても臨場感はそんなには効果が出ているとは思えません。(スターウォーズの戦闘シーンはちょっと難しかったのかな?)

通常の料金が大人で1800円ですが、なんと3200円!はっきり言って高いです。3D映像のせいでその圧倒的なスケール感と映像美が阻害されているような感じだし、エアーや水の感じ、シートの稼働は確かに面白いけど、映像といまいち合っていない。私は「映画を観みたいのにな」って思いました。アトラクションはディズニーかUSJでやってください!(これから見に行こうとしている方、すいません)

それに、私の前に会場に入ろうとしていたお客さんはポップコーンと飲み物を持っていましたが、入る直前にスタッフさんに止められて、ビニール袋にポップコーンの箱ごと入れられていました。シートが稼働するから下手にポップコーンを持っているとひっくり返しまうそうです。(観る前はそんなことしなくても、と思っていましたが、シートの稼働に激しさを知って納得でした。)・・・なんだかなぁ。

映画館の進化に期待!

現在は「4D」より進化した「4DX」なるシステムが登場し、更なる臨場感を体験できるそうですが、そもそもの3D映像がまだまだと思います。何かがこちらに飛んで来るような思わず避けてしまうような映像は面白いですが、まだまだ映像体験として改善の余地があります。5年くらい前にディズニーランドのアトラクションで、当時まだ珍しかった3Dのアトラクションがありましたが、3Dの激しさとインパクトなら、当時のほうが上と思いました。現在はVFX等の仮想現実に入り込んだような映像体験が増えてきています。スクリーンの中というより、グーグルマップの様に自分で好きな方向を見れるようになるような3D体験も面白いかもしれませんね。

まとめ

映画自体は面白かったです。できれば2Dでもう一度見たいですね!座礁している巨大な宇宙船の壮大な感じは3Dよりは2Dのほうが表現しやすいとも思いました。3部作の第一弾ということで、次回に期待をしたいと思います。

3D体験ですが、「4DX」等に力を入れている会社さんには、もうちょっと頑張ってもらいたいと思います。自分は評論家ではありませんが、値段と体験のバランスはまだとれていないと思いました。動くシートは面白いですが、ポップコーン食べながらゆっくり見たい人もいるので、色々な意味を含めてこれからに期待をしたいと思います。

スポンサーリンク